金利とは?【わかりやすく解説】

金利とは?

 

わかりやすくいえば、金利はお金を貸し借りする時にお金にかかるってくるレンタル料金のようなものです。

利子(りし、英: interest)とは、貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価。金銭を対価とする利子を貨幣利子あるいは金利と呼ぶ。

wikipediaより引用

 

資産形成を考える上で金利は力強い味方です。同義語として、利息利子がありますが、若干の使い方の違いを説明します。

 

金利と利息と利子の違い

 

利子

借り手側の立場からの表現

(例)ローンの利子を払う

 

利息

貸し手側の立場からの表現

(例)預金の利息を受け取る

 

このように、利子と利息は資金に対する立場から表現が変わりますが、意味は同じです。

 

金利

利子、利息と同じく賃借や預金に対する対価を表しますが、金利には元金に対する利率の意味もあり、特にこの意味で使われることの方が多いです。(金利〜%)

 

また法律用語では利息が使用されますが、経済用語では金利が使われます。

 

単利と複利

 

次に単利複利について説明します。

どちらも元金にかかる利率を表しますが、この二つは大きな違いがあります。

10万円を預けて年利が10%の場合を元に、二つの違いを比べてみましょう。

 

単利

 

元金のみに利息がつく

1年間の利息は1万円。2年目も元本10万円を基本に計算しますので、利息分は1万円。利息は合計で2万円。

50年預けると、利息は50万円で預金は60万円となる。

 

複利

 

(元本+利息)に利息がつく 

一年利息が次の期間の元本に追加される。1年間の利息は1万円で単利と同じ。しかし2年目の利息の元本は「10万円+1万円」で「11万円」となる。2年目の利息は11000円となり。合計で21000円となり、単利よりも大きくなる

50年預けると、利息は11,639,085円で合計で11,739,085円となる。

 

極端な例を挙げましたが、複利はこのように、その年の利息が次の年の利息計算に含まれて上乗せされていく為、預金の時間が長くなればなるほど単利との違いは甚大です。

 

 

固定金利と変動金利

 

住宅を建てる時など、大きなローンを組む時には必ず金利が発生します。借りたお金に利子をつけて返すのですが、ここで金利の選択をしなければなりません。

ここでは、固定金利変動金利の違いと、メリット・デメリットを紹介します。

 

固定金利

 

ローンを借り入れた時からあらかじめ決められた期間において金利が固定できるローンです。「固定金利期間選択型」と「全期間固定金利型」があり、固定金利期間中は世の中の金利が変動しても返済額は変わりません。

 

メリット

金利が変わらない為、安心感があり返済計画が立てやすい

 

デメリット

変動金利より金利が高めに設定されている

 

変動金利

 

変動金利は返済途中に定期的に金利が見直されるタイプのローンです。金利タイプの中では金利が一番低めに設定されています。
世の中の金利の動きによってローン金利が半年ごとに見直され、一般的には返済額の変更は5年ごとに行われます。

 

メリット

固定金利より安く設定されており、世の中の金利が低い状態が続けば返済額を抑えられる。

 

 デメリット

将来金利が上昇すれば、返済額が上がり家計を圧迫する怖れがある。

 

2019年現在は、若干のインフレかつ超低金利の時代です。その時の経済動向とライフプランにあわせて選択をすれば良いのですが、今であれば固定金利にやや分がありそうです。

 

世の中の金利はどうやって決まる?

 

では、この金利はいったいどのようにして決まるのでしょうか?

基本的には、中央銀行の金融政策によって決定されます。

 

政策金利

 

政策金利(せいさくきんり、英: bank rate)とは、中央銀行が、一般の銀行(市中銀行)に融資する際の金利。

中央銀行の金融政策によって決められ、景気が良い場合には高く設定され、景気が悪い場合には低く設定される。これによって、景気が良い場合には預貯金やローンの金利が上がり、通貨の流通が抑えられる。景気が悪い場合には金利が低くなって、通貨の流通を促進する意味合いを持たせることになる。

wikipediaより引用

 

実は金利はこのように、中央銀行が実体経済にあった金利水準に誘導します。その水準は各国の中央銀行で開かれる会合で決定されます。実体経済にあった金利(市中金利)は何も勝手に決まるわけではないという事です。

 

 

公定歩合

 

1994年に市中銀行金利の自由化が行われるまでは、公定歩合(中央銀行が国内の金融機関に資金を貸し付ける時の金利)が日本の政策金利として機能していました。

しかし、金利の自由化に伴って公定歩合で政策金利を調整する事が出来なくなり、その後新たな政策金利の調整方法が導入されました。

 

 

無担保コールレート翌日物

 

無担保コール翌日物、無担保コールO/N物(むたんぽコールよくじつもの、英: Uncollateralized Overnight Call Rate)とは、日本の金融機関が、1年以下のいわゆる短期資金のやり取り(貸借)を行うコール市場において、無担保で借り約定した翌日に返済を行う際の金利のこと。短期金融市場の金利の一つ。

wikipediaより引用

 

市中銀行の金利自由化に伴って新しく政策金利を調整するために導入されたのがこの無担保コールレート翌日物です。

コール市場とは、市中銀行間での資金の貸し借りを行う市場を指します。国内金融機関は資金を回転させて利益を出していますが、銀行に資金が足りなくなる時はお互いに貸し借りをしています。

他銀行に無担保で借りて翌日に返す際にかかる短期金利を無担保コールレート翌日物といい、日本銀行はこのレートを操作する事で市中金利の調整を行うようになりました。

 

量的緩和政策

 

90年代初期にバブル経済が崩壊して以降、日本銀行による政策金利(無担保コールレート翌日物)引き下げによる景気刺激が行われました。しかし、デフレ不況から脱却する事が出来ずに政策金利をゼロにするゼロ金利政策が行われました。

それでもなお、景気がなかなか浮上しません。そこで2001年に小泉政権下で導入された金融緩和政策が量的緩和政策です。

量的金融緩和政策(りょうてききんゆうかんわせいさく、英: Quantitative easing、QE)とは、金利の引き下げではなく市中銀行が保有する中央銀行の当座預金残高量を拡大させることによって金融緩和を行う金融政策で、量的緩和政策、量的緩和策とも呼ばれる。

wikipediaより引用

 

コールレートを0まで引き下げても景気が浮上しない為、金利の上げ下げではなく市中銀行の日銀当座預金に日本円を積み上げていく方法が量的緩和政策です。

ここから順調に株価は上向き始めましたが、2006年に日本銀行は量的緩和解除してしまいました。その後すぐにゼロ金利解除も決定し、通常の金融政策に戻しました。

 

低金利時代と資産運用

 

2006年のゼロ金利解除から2013年のアベノミクスを経た現在でも、日本は歴史的にみて低金利時代と言えるでしょう。

低金利は、お金を借りる時にはお金を安く借りれる為有利になりますが、お金を金融機関に預金しても金利はほとんどつきません。

かつて、高度経済成長の時には預金金利が9%ついていた時代もありましたが、この時と比べて今は預金のメリットが少ない時代です。むしろATMで預金を引き出す手数料でマイナスになってしまいかねません。

そういった意味では、この低金利時代は貯蓄をするよりも投資を行う人の方が有利と言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です