【株式投資とは?】これから始める方へわかりやすく解説

株式投資とは?

 

資産運用と株式投資

 

今では信じられませんが1970年代の日本では、郵便局の定期貯金金利が10%を越えた時期がありました。

しかし、現代日本にはメガバンクの定期預金金利が0.01%と、超低金利の時代が到来しています。

100万円のお金を1年間、銀行に預けたとして、貰える金利が

およそ100円。

 

金利よりもATMの手数料の方が高くつきそうです。

 

これでは、銀行に預金をするメリットが見出せません。

 

現代はお金の形を他の資産に変えて運用をしないと、元本を増やす事が難しい時代。

 

2012年の末から始まった経済政策アベノミクスによって、株式や不動産などの資産価格は大きく上昇しました。

参考記事:アベノミクスとは?

 

この時は、銀行に預けているだけでは到底考えられないほど資産を増やした投資家が続出しました。

 

一方で株式投資は損失が出てしまう恐れもあります。

バブル崩壊を経験した日本国民にとって、株式投資という方法にアレルギー反応を持っている人は多いでしょう。

 

参考記事:バブル崩壊とは?

 

当記事では資産運用の一つとして株式投資をはじめたい方に

株式投資は本当にハイリスクなのか?

どうやって株式の運用をしていけば良いか?

そんな素朴な疑問の答えを、極力わかりやすく解説します。

 

 

株とは?

 

株は『株式会社』と呼ばれるすべての会社が発行しています。

この株は、基本的に※上場会社が発行するものであれば、一般の人でも購入出来ます。

※証券取引所(金融商品取引所)で株式が売買されている会社。上場企業ともいう。

 

2020年現在、日本には約3700社の上場会社があります。

 

上場会社が株(株式)を発行する1番の目的は事業に必要な資金の調達です。

発行した株を投資家に買ってもらう事で、事業に必要な資金を調達するのです。

 

また、上場会社は発行した株を多くの投資家に買ってもらえるように経営に励みます。

株式を発行して調達した資金によって設備投資や人材投資を行い、より多くの利益を上げる事によって投資家に還元するのです。

以下は企業が投資家に向けて利益を還元する一例です。

配当による還元

株価の上昇による還元

株主優待による還元

 

これは、私たちが株式投資を始めて投資家になった時に、リターンとして株式会社から得られるものです。

 

株主のメリット

 

株式投資の株主にとってのメリットをまとめます。

 

株主のメリット

 

値上がりした株式の売却によって、利益を得る事ができる。

株主総会を通して企業の経営に参加する事ができる。

利益の一部を配当金として受け取る事ができる。

株主優待を受ける事ができる。

 

 

一方で、株主にはデメリット(リスク)も存在します。

 

株主のデメリット

 

株を保有する企業が倒産すれば、株が無価値になる。

株の値下がりによって損をしてしまう

取引が活発でない株式は、売りたい時に現金化しづらい

 

株を買うという事は

あなたが有望だと思う企業に出資して株主になる

という事です。

 

そこには、リスク管理が必要です。

 

 

株式投資をはじめる

 

証券会社に口座を開設

私たちが、関わりのない会社の株を買おうと思ったら、証券取引所に上場している企業の株を買う事となります。

 

証券取引所に上場している株を売買するには、仲介となる証券会社に口座を作る必要があります。

 

株式投資を始めようと思ったらまずは証券会社に口座を開設する事が必要です。

 

また、今はインターネットでも簡単に売買が出来る時代です。

ネット証券はスマートフォン一つあれば取引ができ、売買手数料も低く設定されていますので、これから株式投資を始めようと思う方にはおすすめです。

 

現物取引と信用取引

 

株式投資は一般的には現物取引の事を指します。現物と略して呼ぶことが多いのですが、これは信用取引先物取引と区別するために使用されます。

ここでは、現物取引と信用取引の違いについて説明します。

 

現物取引

持っている資金の範囲内で株式を購入を売買する事。持っていない株式を売る(空売り)こともできない。

 

信用取引

保有資金を超える額のお金を借りて株式を購入したり(空買い)、持っていない株式を借りて売却したり(空売り)することができる。

 

株式の信用取引では証券会社からお金を借りて、手持ちの資金の3倍のまで、売買する事ができます。

また、現物取引では出来ない空売りが信用取引では可能ですので、株価の下落局面でも利益を出す事が出来ます。

そして、この信用取引の売買で借り入れする事をレバレッジをかけるといいます。

レバレッジを大きくかけるほど利益は大きくなりますが、当然損失も大きくなるため信用取引はリスクが大きい取引といえます。

 

投資銘柄はどうやって選ぶ?

 

2019年1月現在、日本の上場企業数は3653社あります。この数は新規上場(IPO)や上場廃止によって常に変動しています。

上場企業の中で、あなたが応援したい会社や有望な将来を見据えている会社があれば良いのですが、何を選んでいいかわからないと思う方が大半です。  

そこで銘柄(投資する企業)の判断基準をまとめます。

 

ファンダメンタル(財務)分析

経済状況や企業の財務状況・経営状況をもとに将来の株価を予測すること。会社四季報を参考にすると良い。

 

チャート分析

過去の株価をもとに将来の株価を予測すること。「トレンド系」分析と、「オシレーター系」に大きく分類。

 

また、株価は業種(セクター)で連動して動く事が多いため、将来有望な業種や株価チャートが上昇トレンドの業種の銘柄に投資する事と有効とされます。

 

指数連動型投資信託ETF

 

財務分析なんて難しくて出来ないという方には指数連動型の金融商品がおすすめです。

代表的な指数の例を挙げると日経平均株価があります。

 

日経平均株価

上場企業の中から、人気があり活発に取引されている225社を選んで、平均した株価指数を言います。日経平均株価は株数などでウェイトづけしていない単純平均株価なので、値がさ株に影響を受けやすい傾向があります。

その為マーケットの全体像を見る指数としてTOPIXという指数があります。

東証一部の全銘柄を時価総額でウェイト付けした株価指数であるTOPIXが実態に近いと言えるでしょう。

 

このような指数に連動する金融商品をETFと言います。

ETF(上場投資信託)とは、日経平均やTOPIX、外国の株価指数といった特定の指標の動きに連動するように運用されている投資信託 の一種です。金融商品取引所 に上場していることから、株式と同じように取引できる金融商品です。

引用元

 

ETFは、指数に連動されますので景気動向さえ掴んでいれば長期投資、分散投資に向いている金融商品と言えます。

また、ETFは投資信託商品として上場していますので株式のように売買できて手数料もそんなに高くない事も魅力です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リフレキャット

日経平均株価の最高値更新を祝して美味しいお酒を飲める日を心待ちにしています。テクノロジーの発展と豊かで明るい未来を想像しながら、今日も『時代おくれ』を聴いています。