少額投資非課税制度(NISA)とは?

少額投資非課税制度(NISA)をわかりやすく解説

 

資産運用を始める時に、利益にかかる税金が運用成績に大きな影響をあたえます。

NISAとは、日本政府が国民の株式や投資信託などの投資活動を促す為に導入した非課税制度です。

 

少額投資非課税制度(しょうがくとうしひかぜいせいど、NISA = ニーサ)とは、日本において、株式や投資信託の投資に対して、税制上20%かかる売却益と配当への課税を、年間120万円を上限に非課税とする制度である。

wikipediaより引用

 

本来、株式譲渡で利益を上げると20%の税金を納めなければいけませんNISA口座は上限はあれど売却益を非課税する事が可能です。

NISAを始めるには、金融機関で専用の口座を作る必要があります。

 

NISAのルール

 

1人1口座までしか開設が出来ない

金融商品の購入は年間120万円まで

非課税枠の翌年繰越は不可

金融商品売却後、非課税枠は次の1月まで回復しない

非課税期間は最長5年間

 

NISAは120万円までであれば購入した金融商品の売却益が非課税となります。

例えばあたなが100万円で購入した金融商品が150万円に値上がりしたとします。本来、ここで売却すれば利益の50万円に対して20%(10万円)の納税が必要です。

しかし、NISA口座では、この10万円が非課税となり、利益の50万円(配当金も非課税)がまるまる受け取る事が出来ます。少額での長期投資を考えている方には是非活用したい制度です。

 

NISA口座のデメリット

 

NISAのメリットは説明しなくてももうお分かりでしょうが、一方でデメリットもあります。

損益通算、株式譲渡損失繰越ができない

取引の枠が限定されている為、短期投資には向かない

信用取引が出来なく、NISA口座内の金融商品は担保にも適応出来ない

 

損益通算や損失繰越信用取引に関してはリンク記事をどうぞ。

 

ロールオーバー

 

NISAは非課税期限が5年間に定められていました。

従来の税制では、例えば5年前にあなたが100万円の金融商品を購入して、それが現在150万円になっているとすれば、非課税枠をオーバーした30万円を売却するか、通常の口座に移す必要がありました。

しかし、税制が改正されて、5年間を過ぎても非課税枠が継続できるロールオーバーによって最大10年まで継続出来るようになりました

ただし、150万円をロールオーバーすれば、翌年の非課税枠120万円を使い切ってしまうので、新たに金融商品や株式を購入する事は出来ません。

 

 

つみたてNISAとは?

 

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

出典 金融庁HP

 

つみたてNISAは、NISA口座よりもさらに長期で運用したい方にメリットが大きい仕組みです。

 

つみたてNISAの特徴

 

新規に投資できる期間(非課税期間が最長20年)

年間投資上限40万円

累計非課税投資上限800万円

投資対象は金融庁が定めた投資信託、ETFに限る

定期かつ継続的方法による積み立てのみ

 

このように、つみたてNISA(積立NISA)は、非課税期間が長く、値動きと上手く付き合うための「長期」「積立」「分散」投資に向いている制度です。長期投資を考える方、投資初心者の方にメリットが大きい制度と言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リフレキャット

日経平均株価の最高値更新を祝して美味しいお酒を飲める日を心待ちにしています。テクノロジーの発展と豊かで明るい未来を想像しながら、今日も『時代おくれ』を聴いています。