ドルコスト平均法とは?【わかりやすく解説】

ドルコスト平均法とは?

 

資産運用を行う際には知っておいて損はしない、ドルコスト平均法の手法をわかりやすく解説します。

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。

定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。

Wikipediaより引用

 

ドルコスト平均法は『ドル』という言葉を含む為に、外貨での運用に使われると思われがちですがそうではありません。

株式投資や外国為替取引など、様々な投資に使える方法です。

 

ドルコスト平均法の手法は極めてシンプルです。

一定毎期間に

一定の金額を

一定の金融商品に投資を行う

 

これだけです。

 

例えばこういう事です。

毎月の給料日に

5万円分

同じ金融商品を購入する

 

この投資方法はとてもシンプルでありながら、大きなメリットを秘めているのです。

 

 

ドルコスト平均法のメリット

 

ドルコスト平均法で投資を行う事で得られるメリットをまとめます。

 

時間軸によってリスクを分散できる

株価が安い時に沢山買える

株価が高い時は買う量を抑えられる

マインドにゆとりを持つ事が出来る

 

これはドルコスト平均法の計算例です。

出典:日本証券業協会 つみたてNISA 積立投資を知る

 

ドルコスト平均法のメリットは何と言っても株価暴落による損失リスクを分散させる事にあります。

投資を行う上でリスクを分散したい時に良く取られる方法は様々な金融商品(国債や株式や投資信託)に資金を分散させる方法です。

一方で、ドルコスト平均法は一つの金融商品に対して時間軸をずらす事でリスクを分散させます。

具体的に説明します。

 

【2月】

 

あなたは今月の給料日にA社の株式を100株購入しました。

【A社株式】

購入金額 50,000円(500×100)

1株500円

100株

 

この時のあなたの平均取得金額は50,000円です。

 

【3月】

 

A社の株価が400円に下がっていました

 

【A社株式】

購入金額 50,000

1株400円

125株

 

 

それでもドルコスト平均法では50,000円分のA社の株式を購入しますので

2月には100株しか買えなかった株式を

125株買えるようになります。

 

4月

 

A社の株価が600円に上がりました。

【A社株式】

購入金額 50,000円

1株 600円

購入株数 83株

 

 

A社株式は1株600円まで値上がりしたので、3月に125株買えた株式が83株しか買えない事になります

 

ここで3ヶ月間の累計をまとめてみます。

 

投資額   

15万円(5万×3回)

購入株数  

308株

株式平均取得金額 

487円(15万÷308)

 

どうでしょうか?

初月に購入した時の平均取得単価(500円)よりも安く買えている事が分かります。

 

ここで株式投資の原理原則を確認します。

安い時に買って高い時に売る

 

ドルコスト平均法は

株価が安い時に沢山買えて、株価が高い時には少ししか買えない方法

です。

 

つまり、株価を高い値段で沢山買ってしまい、暴落で損をするというリスクを避ける事が出来るのです。

 

このようにドルコスト平均法は、株価の暴落や暴騰にも安定して対応出来る長期投資向けの投資手法です。

何より私は、株価の暴落によって精神的に疲弊したり、暴騰して舞い上がるといった感情の乱高下を避けられる事がこの手法の1番のメリットであると私は考えています。

 

ドルコスト平均法のデメリット

 

ここまで、ドルコスト平均法の手法とメリットについて書いてきましたが、完璧な投資方法はありません。

当然、ドルコスト平均法にも以下のようなデメリットがあります。

短期投資には向いていない

購入手数料がかさむ

大きな利益につながりづらい

投資対象の破綻リスク

 

短期投資には向いていない

ドルコスト平均法は、長期投資向けの方法と言えます。

もちろん一日一日分けて一定額分の株数を買っていく事は可能ですが、これではリスク分散になりません。

なぜなら、1日単位では株価の変動は限定的だからです。

リスクを分散しドルコスト平均法のメリットを活かすには、ある一定期間のゆとりが必要です。

 

購入手数料がかさむ

私たちが株式を購入する為には、証券会社に株を購入する為の手数料を支払わなければいけません。

ドルコスト平均法は小分けに購入していく方法ですので、一括購入よりもどうしても手数料が高くなってしまいます。

 

大きな利益につながりづらい

ドルコスト平均法では、一括して大量の資金を投入する方法ではありませんので、大きな利益につながりづらい欠点があります。

株価は上がり始めるとどんどん上昇していく銘柄も多数ありますが、株価が上がると購入株数が抑えられるのがドルコスト平均法です。

リスクを分散させる代わりに、大きな利益にもつながりづらいのです。

 

投資対象の破綻リスク

ドルコスト平均法によって毎月コツコツと投資していたのに、その会社の倒産してしまいました。

そうなればたちまち、今まで積み上げてきた資産は0になってしまいます。

上場廃止も同様です。

ただこのリスクはやり方しだいで回避する事が出来ます。

 

ドルコスト平均法のリスク回避

 

ドルコスト平均法の大きなデメリットである倒産リスクを避けるポイントは2つあります。

 

会社の株ではなく、投資信託ETFを積み立てる。

 

これは、倒産リスクは全くないと言っていいでしょう。

投資信託ETFは、沢山の企業の株式を組み合わせたものや、日経平均株価指数に連動するように作られています。

つまり、投資信託ETFを購入して行くことはそれだけで分散投資の効果があるのです。

ただ、投資信託は個別の会社よりも値動きがマイルドな傾向がありますので、大きく資金を増やしたいと考えている人には物足りないかもしれません。

また、買うタイミングによっては暴落にあってしまう可能性はもちろんありますので、長期的に購入して、平均取得金額を安定させるという事が大切です。

 

優良企業の株式で積み立てる

こちらの方法は、完全に倒産リスクや上場廃止を避ける事は出来ません。

しかし、その可能性を最小限にする為に、東証一部の中でもさらに優良企業に投資をする事で、ある程度のリターンを見込みながらも比較的安定的に資産を運用する事ができます。

例えば、愛知県の豊田自動車は、日本で一番の時価総額を誇る一流企業です。

このトヨタは、当面の間は倒産のリスクは殆ど無いと言えるのではないでしょうか?

PERや自己資本比率、その他にも山のように存在するの指標によって財務分析をすれば、当面の間の倒産リスクを最小限に抑える事は可能です。

 

まとめ

 

この様に、ドルコスト平均法は極めて沢山のメリットを秘めています。 

上がり続ける株はありませんが、下がり続ける株もありません。

投資を行う上では、株価の上げ下げに影響されない精神力を持つ事が極めて重要です。

株価の値動きは人の心理の集合体とも言えます。

繰り返しになりますが、それらの変動に対して精神を安定して保つ為にも、ドルコスト平均法はとても有効なのです。

しかし、どれだけ素晴らしい投資手法があったとしてもそれを実行できなければ意味がありません

実は、値動きに気持ちが影響されずに、一定の期間で一定の金額を購入して行くことは、難しい事でもあるのです。

どのくらいの資産をゴールとするのか?

ゴールに達したら、何をしたいのか?

老後の資金でも構いません。

その資産運用の最終的な目標を明確に決めておく事が、株価の変動に影響されない精神づくりにとって重要だと考えています。

関連記事:資産運用とは?わかりやすく解説。

関連記事:資産形成とは?わかりやすく解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本の未来を応援するネコ

日経平均株価の最高値更新を祝して美味しいお酒を飲める日を心待ちにしています。テクノロジーの発展と豊かで明るい未来を想像しながら、今日も『時代おくれ』を聴いています。