資産形成のはじめ方

資産形成の重要性

 

人生100年時代と言われる現代では、バブル崩壊前に比べて、資産形成の重要性が急速に高まっています。

理由は、大きく2つあります。

1 平均寿命の伸び

2 高度経済成長の終焉

これらの、社会情勢の変化は私たちのライフプラン、人生設計に明らかに影響していると考えています。

 

平均寿命の伸び

 

バブル崩壊前、1980年の日本の平均寿命は、男性73歳、女性78歳でした。

それが2018年は、男性81歳、女性が87歳と過去最高を記録しました。

また、老後のライフプランと資産形成でも記した通り、100歳を超える人口も1980年の968名から2018年には約70倍の69,785人まで大幅に増加しています。

明らかに日本国民の寿命はのび続けており、今後ものびていく事が予測されています。

老後の時間が長くなる一方で、老後への準備も必要になるために資産形成の重要性が増しているといえます。

 

 

高度経済成長の終焉

 

第二次世界大戦からバブル期までの広義の日本の高度経済成長期は、バブルの崩壊とともにデフレ経済によるマイナス成長経済に突入しました。

これによって、私たちの、将来への見通しが不透明になった事はいうまでもないでしょう。

バブル期までの日本では、経済は成長する事が当たりまえでした。当時の生産年齢人口のバランスから考えても、将来への見通しは今に比べて楽観的でした。

しかし、現代日本では、少子高齢化に経済停滞が拍車をかけ、社会保障制度の存在自体に危機感を持っている人も少なくありません。

私としては、これからの日本の未来は金融政策次第では以前のような楽観に転換する事も可能であると考えていますが、今現在において、資産形成の重要性が高まっている事は否定は出来ません。

 

資産形成の目的とライフプラン

 

漠然と将来に対して不安を持っているから資産形成をはじめようと考えてしまっては、資産形成の手段や方法すらあやふやになってしまいます。

そうなれば、資産形成に熱中するあまりに、今現在を楽しむ事が出来なくなるリスクも出てきます。これは、本末転倒だと私は考えています。

資産形成を始めるには、前提として目的を明確化させる事が大切です。

いつまでにどれくらいの資金が、何のために必要なのか?

この資産形成をおこなう目的を明確化するのです。

そして、その設計をライフイベントともにライフプランとしてまとめておく事も一つの方法です。

老後の資金なのか、体調を崩した時なのか、また結婚や子供の為、あるいは資産運用として再投資を行うためなのか?

それをしっかりと考えておく事がとても大切です。

 

資産形成を行う上での3つのポイント

 

~20代から始める資産形成~

上記リンク記事にも書きましたが、資産形成で大切な事は3つです。

 

時間・金利・分散

 

時間

時間は資産形成において大きな味方となってくれます。

月々にして2万円の貯金をしたとして、15年間の時間が過ぎれば360万円の資金になっています。

 

金利

15年間の時間を使って360万円の資金を形成しました。ここで、金利の力を使えば、さらに資金を拡大するさせる事が可能です。

年単利5%の場合、15年間で18万円、複利5%ともなれば163万円もの利息が元本の360万円に上乗せされるのです。金利の詳しい説明はこちら

 

分散

ここでいう分散は、形成させる資産の種類(方法)の分散です。

複利でしっかり金利を稼ごうと思っても、2019年現在、日本は超低金利時代です。銀行に預金をしても金利はほとんどつきません。

ですので、投資信託や長期国債、積み立て保険などで資産を形成していくことになりますが、投資信託など資産の種類によっては元本割れのリスクもあります。

ですので、資産の種類を分散させ、リスクを分散させていく事が資産を形成する上でとても必要なのです。

 

もう一つ、資産形成においては、時間をしっかり分散させる事で、リスクを減らしていくドルコスト平均法という方法があります。こちらは、リンク記事ご覧いただければ幸いです。

 

 

家計収支の見直し

 

当サイトでは、経済環境に合わせた様々な資産形成方法を紹介しています。

一方で、資産の形成をおこなう上では、家計収支を見直し、ムダを省いた上で資産の形成をおこなっていく事が必要です。

 

余剰金(貯金)収入-家賃-食費-光熱費-通信費-交際費-雑費

 

一般の生活をしていれば、おおよそ上記のような構図になるかと思います。

 

この余剰金(貯金)が、資産形成に回していく資金となります。

ですので、資産形成を拡大するためには、収入を増やすか、以下の固定費および変動費を抑えるかの2択になります。

私は、節約に関しては、変動費(交際費や雑費)を過度に抑える事はおすすめしません。なぜなら、前述したような、資産形成によって今の生活を楽しめなくなる恐れがあるからです。

一方で、家賃や通信費、光熱費などの固定費を抑える手段はいくつかあります。また、こちらを抑える事が、年間の収支で見た時に大きく響いてくるのです。

 

今の生活を楽しみながら将来に備える事が、私が資産形成における姿勢で一番ではないかと考えています。

 

 

自分自身の≪利回り≫を増やしていく

 

固定費を下げる事ともう一つ重要な事。

それは、やっぱり仕事を頑張る事だと思います。

働き方も多様化する時代となりましたが、それでも人は多くの時間を仕事に費やしています。

であるならば、仕事を楽しみながら、一生懸命行っていく事が大切だと思うのです

 

自分の仕事も利回りのある資産だと考えてみましょう。

私は仕事を頑張って、給料が2万円UPしたとします。年間で24万円の収入が増えました。

今現在、金融商品の利回りは1%を超えれば良い商品と言えます。

仮に、私の利回りが1%だとすると、元本は2,400万円と言えます。

見方を変えると、私の仕事の資産価格も結構なものですね。そして仕事を頑張れば頑張るほど、この利回りは増えていくのです。

 

同じ時間を仕事に向き合うのであれば、やはり楽しく、頑張って、一生懸命に取り組む事が大事です。

収入を拡大しながら、しっかりと目的に向かって資産を形成していく事がとても大切だと私は考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リフレキャット

日経平均株価の最高値更新を祝して美味しいお酒を飲める日を心待ちにしています。テクノロジーの発展と豊かで明るい未来を想像しながら、今日も『時代おくれ』を聴いています。