【在宅でできる副業のススメ】わかりやすく解説

在宅でできるおすすめの副業は?

2020年代は、日本政府が国民に副業をすすめる時代となりました。

モデル就業規則

平成30年1月、モデル就業規則を改定し、労働者の遵守事項の「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」
という規定を削除し、副業・兼業について規定を新設しました。

引用元:厚生省ホームページ

 

終戦後に長らく続いた終身雇用制度は事実上崩壊し、さまざまな規制緩和政策のもとで人的なスキルを最大限に活かせる時代となったのです。

この流れは必ずしもメリットばかりとは言えませんが、スキルを付けさえすれば副業でも稼ぎやすい世の中が到来していることは間違いありません。

当記事では、在宅でできるおすすめの副業をわかりやすく解説します。

 

副業①:アフィリエイト

 

 

在宅で出来る副業としてよく挙げられるのはアフィリエイトです。

アフィリエイトとは、インターネットにおける広告の事です。

ブログやホームページを作成して広告を掲載することで、広告主から報酬を得ることができます。

ブログやホームページの作成をお考えの方は、無料でコンテンツが作成できるWord  Press〔ワードプレス〕がおすすめです。➡︎作成はこちら

 

報酬は、『成功報酬型』と『クリック報酬型』に分かれます。

 

成功報酬型広告は、アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)を通して、作成したブログなどのコンテンツにアフィリエイト広告を出稿します。

この広告から売買が成立した時点で報酬がコンテンツの所有者に入ってきます。

 

アフィリエイトを始めるならASP最大手のA8.netがおすすめです。

 

クリック報酬型広告は、コンテンツに訪問した人が広告をクリックした時点で報酬が発生します。

グーグル社が提供するGoogle AdSense(グーグルアドセンス)が代表的であり、作成したコンテンツにアドセンス広告を掲載するには審査を通過する必要があります。

アもドセンスの審査を受ける方はこちらから

 

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトのメリットは、仕組みを作ってしまえば、コンテンツは24時間あなたに収入の機会をもたらしてくれます

これがネットを使ったコンテンツの強みと言えるでしょう。

定期的な更新やメンテナンスは必要ではあるものの、広告収入を得られるコンテンツは不労所得に近い資産となってくれるのです。

 

またアフィリエイトは、その運用コストの安さも魅力的です。

ブログやホームページを立ち上げる際にかかる費用は、レンタルサーバー代やサイト作りに使用するテーマなど、極めて限定的です。

つまり、アフィリエイトは固定費が低く抑えられるため、利益が極めて上げやすい副業といえるのです。

 

アフィリエイトのデメリット

とは言えアフィリエイトも、そう簡単に稼げる仕組みを作れるわけではありません。

アフィリエイトをおこなうブログやホームページを作成して集客を得られるまでには多大な時間を投資する必要があります。

 

あなたの作ったコンテンツがGoogleなどの検索エンジンから評価されて集客が可能になるには、人々に必要とされる情報を提供する記事を書いていかなければなりません。

 

その為、稼げる仕組みを作れば多くの恩恵を受けられるアフィリエイトですが、その仕組みを構築するまでには一定の努力とスキルアップが必要です。

 

副業②:投資

 

もう一つ、自分の時間を大きく削ぐことなく在宅で始められる副業としては、投資がおすすめです。

投資は言い換えれば、お金に働いてもらうという感覚です。

投資にはさまざまな種類があります。

 

株式投資

不動産投資

投資信託

FX(外国為替取引)

暗号通貨投資

 

近年、インターネットの発達によって、スマートホンとネット環境さえあれば、在宅でもこれらの投資が簡単に行えるようになりました。

 

投資のメリット

現代は銀行預金に金利がつかない時代ですが、投資はまとまった資金があれば、大きな利回りを得ることが可能です。

宝くじは還元率が約40%代と言われていますから、平均的には60%の損失を被ります。

一方で投資は、やり方を間違えてしまうと60%の損失もあり得ますが60%のリターンも実現可能です。

また配当収入によって、定期的な不労所得を得ることができますから、私は宝くじを買う資金があれば投資を始める事をお勧めします。

このように投資は、労力を費やすことなく利益を生んでくれますから、他の副業とも掛け合わせる事で、よりパフォーマンスを上げることも可能なのです。

 

✅投資のデメリット

もちろん投資にもデメリットはあります。それは、損失のリスクがある事です。

特に、投資にネガティブな感覚を持っているかたの大半は、この損失リスクを警戒しているのではないでしょうか?

とは言え、ドルコスト平均法や分散投資をおこない損失リスクを最小化する事は可能です。

また、もしも投資について勉強する時間が取れないという事であれば、投資信託を購入して、プロに資金の運用を任せてみるのも一つの手でしょう。

 

副業③:ネット販売

 

今では簡単に個人でもネットショップを開業できるようになりました。

ネットを使った商品販売は、ある程度の労力を費やす必要はあるものの、あなたにものづくりのスキルやものの価値を見定めるスキルがあれば収入を得ることは可能です。

とは言え、個人でネットショップを出店する場合、楽天やAmazonなどの大手のように幅広い商品を販売する事は得策ではありません。

それでは何を販売すれば良いのでしょうか??

個人のネットショップで販売するものは、例えば多くの土地では手に入らないような地域限定商品などがおすすめです。

(例)

地域限定のお菓子・果物・野菜・農産物工芸品など

日本未発売の洋服・アクセサリー・シューズ・お菓子・健康食品 など

 

また、あなたにスキルや発信力があれば、オリジナル商品の作成や、海外からの仕入れも可能なネットショップサービスがありますからどんどん収入を拡大する事も可能です。

その際に利用するネットショップ開業サービスはCMでもおなじみのBASEがおすすめです。

初期費用や月額費用0円で固定費を抑えられる上に、商品製造サービスなどネットショップを運営する上で豊富なサービスが整っています。

 

副業④:フランチャイズオーナー

最近人気がでてきている副業は、フランチャイズオーナーになることです。

「フランチャイズ」とはコンビニのように、本部の「フランチャイズ加盟店」となり、事業の商売をしていく方法です。

とは言え、ここで言うフランチャイズオーナーとは、自分もコンビニの営業最前線に立つようなオーナーではありません。

あくまで本業の邪魔をしない程度に、仕事の片手間で副収入を得られる内容でなければ本末転倒です。

このように仕事をしながら、自分にあった内容で少しづつ稼ぐ、本業+αの収入を副業で得る形で起業する人が増加傾向にあります。

ですから、小規模なフランチャイズを本業の片手間におこない、収入を得られるようなものが理想的です。

 

例えば以下のようなものがあります。

 

コインランドリー経営

✅ネットショップで販売

無人フィットネス経営

✅コインパーキングの経営

 

例えばコインパーキングの経営では、例えば場所を持て余している方がいればスマホひとつで開業できるサービスもあります。⬇︎

このように現代は、スマホが一つあればあなたが持つスキルや資産を効率的に収入に変えられるテクノロジーがすぐそこに存在します。

フランチャイズオーナーのように、本業以外にも事業収入を持つという事は、未来への備えには極めて重要です。

 

副業のいろいろ

 

あくまで当記事では、転売や輸入ビジネス、日雇い派遣などの、体力や時間のコストがかかるものを省いて説明してきました。

こうして見てみると、体力や時間を省く為にはスマホを活用する事が不可欠です。

最後に、少しめずらしい形の副業をいくつか紹介します。

 

結婚相談所の開業

 

晩婚化、非婚化が言われて久しい世の中ですが、時代の流れに沿って生まれたフランチャイズオーナーの副業です。

こちらは『開業資金は小さく、収益は大きく』を目指した高収益ビジネスであり、ロイヤリティ不要・粗利90%以上・自宅での開業がポイントです。

●自宅開業&副業&1人で開業可能

●粗利率90%以上の高利益ビジネスです

●開業資金は150万〜⇒会員数50名で年間売上1,380万円も可能に

 

少ない元手で事業を始めたい方にはおすすめです。

 

在宅コールセンター

こちらは、在宅でできるコールセンターの副業です。

コロナ禍でテレワークのお仕事を求める人が増える中、 特別なスキルが不要な在宅ワークとして利用者数が飛躍的に増えています。

時給換算が平均で1,400円を超えと高く、6人に1人が月収10万円を超えるなど 「稼げる副業」として注目されています。

 

LINEスタンプ作成

 

イラストを描いたりクリエイティブな仕事が好きな方におすすめな副業は、LINEスタンプ作成販売です。

LINEスタンプのマーケットは80億近くあり、トップのLINEスタンパーは1億も稼いでいるというから可能性は未知数です。

80億もあるからには競争も激しい市場ですが、SNSで発信力がある方やデザイン力、発想力がある方には一攫千金のチャンスもありそうです。

 

まとめ

 

このように、インターネットが進化した昨今では、副収入を得るツールが多く用意されています。

ここで紹介したものはほんの一部分でしかありませんが、例えば月にほんの1万円の副収入だったとしても老後までの年数を継続すれば、20歳の方では540万円の収入になります。

自分の労働を最小限にして、少しでも収入が入ってくる仕組みを作る事は、私たちの未来の力になってくれることは間違いありません。

この『仕組み』は資産としていざという時にあなたを助けてくれるでしょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

日経平均株価の最高値更新を祝して美味しいお酒を飲める日を心待ちにしています。テクノロジーの発展と豊かで明るい未来を想像しながら、今日も『時代おくれ』を聴いています。