インフレターゲット(物価目標)とは?【わかりやすく解説】

インフレターゲット(物価目標)とは?

 

インフレターゲットとは、政府と中央銀行がインフレ率(物価上昇率)の目標を定め、インフレ率がその範囲に収まるように金融政策を行うことをいいます。

 

インフレターゲットは過度なインフレを抑える一方で、経済がデフレに陥らないように一定のインフレ率を確保する効果があります。

 

インフレターゲットの目的

 

インフレターゲット(物価目標)を設定する目的をシンプルに表すとこういうことです。

 

インフレターゲット政策の目的

過度なインフレを防ぎながら

金融政策の効果を最大化する

 

インフレターゲットの目的のポイントは、金融政策の『効果の最大化』にあります。

 

 

金融政策とは?【わかりやすく解説】

2019年1月9日

 

なぜならインフレターゲット(物価目標)によって、中央銀行が目標達成への姿勢を市場にしめすことで、企業や投資家などの投資活動を活発化することができるからです。

 

資産市場は景気の先行指標といわれています。

 

インフレターゲットの設定によって世の中(企業や資産市場)の将来への見通しがインフレ転換することで、設備投資や株式投資、人材投資などが活発になることがインフレターゲットの最大の目的といえるのです。

 

インフレターゲット2%の理由

 

近年、日本で初めてインフレターゲットが採用された経済政策は、2013年に第2次安倍政権が実施した経済政策『アベノミクス』です。

 

 

アベノミクスとは?【わかりやすく解説】

2019年1月29日

 

アベノミクスでは2%のインフレ目標が設定され、2021年6月現在も変更されていません。

 

結論からいえば、インフレターゲットが2%に設定された理由は、完全雇用と呼ばれる状態までに国内の雇用情勢を改善させられるインフレ率が2%だからです。

 

日本では完全失業率の下限が2%~2.5%といわれています。

 

つまり、日本では2%~2.5%の失業率が達成できれば完全雇用(非自発的な失業者がいない状態)と言えるのです。

 

この完全雇用が実現できるインフレ率が2%なのです。

 

逆をいえば、インフレ率は2%を超えても雇用はそれ以上には改善せず、インフレ率だけが上昇してしまうということです。

 

この、インフレ率を加速させない失業率の下限閾値を『NAIRU(ナイル)』といいます。

 

 

 

これは縦に失業率、横にインフレ率をとったグラフでインフレ目標と金融政策の関係をあらわしたものです。

 

日本ではインフレ率が2%を超えてもそれ以上は失業率が改善しないと推計されています。

 

したがって、アベノミクスで2%のインフレターゲットが採用された理由は、完全雇用を達成しながら余計なインフレをさける数値が2%だったということです。

 

インフレーションとは?【図解でわかりやすく解説】

2019年1月1日

 

インフレターゲットの効果

 

それではアベノミクスでインフレターゲットが採用されてから長い時間が経っていますが、この政策の効果はあったのでしょうか?

 

結論からいえば、『一定の』効果はあったといえます。

 

その理由を、:効果があった点と、:効果が不十分な点の2つの視点に分けて解説します。

 

①:効果があった点

 

インフレターゲットの効果があったといえるポイントは日本の失業率の改善にあります。

 

画像引用元

 

このグラフを見ると、アベノミクスが開始された2013年から失業率は減りつづけて、コロナ流行前の2020年に日本の失業率は2%前半まで低下しました。

 

一時的ではありますが完全雇用を達成して、インフレターゲットは金融緩和政策の補完をする形で効果を発揮したといえます。

 

しかし2020年の新型コロナウイルス感染拡大によって、失業率は大きく悪化してしまうこととなります。

 

②:効果が不十分な点

 

2%のインフレターゲットが不十分だった理由を結論からいえば、政府と中央銀行の目標達成へのコミットメントが希薄化して雇用情勢の改善も一時的になってしまったことです。

 

前述したとおり、インフレターゲットの効果は政府と中央銀行の目標達成への姿勢が市場に信頼されてはじめて効果を発揮します。

 

しかし、2%のインフレターゲットへの信頼は、開始当初はよかったものの、その後の日本のインフレ率の低迷に対して効果的ば施策を打てずにいた政府日銀の姿勢によって次第にゆらいでいったのです。

 

 

これは長期的な日本のインフレ率の推移です。

 

長期的には、日本のインフレ率に対してインフレターゲットの効果が最大限に発揮できたとはいえない状況にあることは間違いありません。

 

新型コロナウイルスの感染拡大によって成果がでていた失業率も再び悪化してしまいました。

 

アフターコロナでは、政府と日銀はインフレターゲットに再コミットメントする必要があります。

 

 

まとめ

 

:インフレターゲットとは、目標とするインフレ率を設置してその範囲にインフレ率が収まるように金融政策をおこなうこと

 

:インフレターゲットの目的は、過度なインフレを防ぎ金融政策の効果を最大化すること

 

:日本のインフレターゲット(アベノミクス)で2%に設定された理由は雇用を最大化させるため

 

:日本のインフレターゲットは、雇用に対しては大きな成果があった一方で、市場へのコミットメントが弱まったことは反省点である

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

日経平均株価の最高値更新を祝して美味しいお酒を飲める日を心待ちにしています。テクノロジーの発展と豊かで明るい未来を想像しながら、今日も『時代おくれ』を聴いています。