マネーストック(マネーサプライ)とは?【わかりやすく解説】

マネーストック(マネーサプライ)をわかりやすく解説

 

マネーストックとは

金融部門から経済全体に供給されている通貨の総量

のことです。

具体的には、(金融機関・中央政府を除いた経済主体)が保有する通貨(現金通貨や預金通貨など)の残高を集計しています。

日本銀行ホームページより引用

 

2008年まで、マネーストックは『マネーサプライ』と呼ばれていましたが、現在はマネーストックが主流です。(以下マネーストック)

 

マネーストックとマネタリーベース

 

世の中に存在するマネーの総量マネタリーベースいいます。

 

参考記事:マネタリーベースとは?

 

このマネタリーベースの量は、中央銀行が行う金融政策によって調節されます。

 

【金融政策とは?】わかりやすく解説

 

日銀によって発行されたマネタリーベースのうち、実際に民間銀行を通して世の中に流れたお金をマネーストックと呼びます。

 

マネタリーベースとマネーストックの違いを単純化して表現すれば

『日銀当座預金』のお金を除いたものが

マネーストック

と言えます。

 

日本銀行当座預金とは、日本銀行が取引先の金融機関等から受け入れている当座預金のことです。

日銀HPから引用

 

日銀当座預金は、民間銀行にとっての預金口座と考えてもらえれば良いでしょう。

民間銀行の預金口座にあるお金は、まだ世の中に出回っていないお金です。

これらを除外して、実際に世の中に流通しているお金のことをマネーストックと言うのです。

 

マネタリーベースとマネーストックを簡単にまとめると以下のようになります。

 

マネタリーベース

 

中央銀行から発行

⬇︎

社会全体への通貨供給量

(現金通貨+日銀当座預金)

 

マネーストック

 

民間銀行から貸出

⬇︎

社会全体への通貨供給量

(現金通貨+預金通貨)

 

日銀によって発行された通貨が、そのまま世の中に流通するわけではありません。

マネーストックを増やすには、民間銀行が貸し出しを増やす必要があります。

もし民間銀行が貸し出しを全く増やさなければ、日銀によって発行されたマネタリーベースは、ひたすら日銀当座預金に積み上げられていく事になります。

 

余談ですが2016年1月。

黒田日銀によって導入されたマイナス金利政策は、市中銀行の貸し出す事を促し、マネーストックを増加させる事を目的としていました。

 

マイナス金利とは、民間の金融機関が中央銀行(日本では日銀)に預けている預金金利をマイナスにすることです。

金利のマイナス化により、預金者が金利を支払うことになります。

SMBC日興証券・初めてでもわかりやすい用語集より引用

 

上記引用の日銀に預けているお金とは、日銀当座預金のお金の事です。

日銀当座預金にマイナスの金利をつける事で、民間銀行は預金しているだけでは金利を取られてしまいます。

つまりマイナス金利政策は、民間銀行がそれぞれの日銀当座預金にお金を預けているよりも民間に貸し出した方が得をする環境を作る事で、マネーストックを増す目的の下で導入されたのです。

 

マネーストックの種類

 

 

マネーストックの集計には通貨の範囲によって

M1・M2・M3・広義流動性

 

この4つに分かれます。

それぞれを簡単に解説します。

 

M1

現金+普通預金

 

M2(発行元が国内銀行)

現金通貨+預金通貨+準通貨+

譲渡性預金

 

M3(全預金取り扱い機関)

M1+準通貨+譲渡性預金

 

広義流動性

M3+流動性を有する資産(投資信託など)

 

※譲渡製預金(CD)

譲渡性預金とは、払戻し期限(満期日)の定めがある預金ですが、一般の定期預金とは異なり譲渡禁止の特約がなく、発行金融機関所定の手続きにより譲渡が可能なものをいいます。

みずほ銀行HPより引用

 

M2とM3は、通貨の発行元が国内か海外も含めるかの違いです。

また、M1からM2.3と下がるにつれてマネーの範囲が広がっていくのがポイントです。

 

マネーストック確認はわかりやすいサイトへ ⬇︎

外部リンク:ニッポンの数字マネーストック統計

 

マネタリーベースとマネーストックの関係

 

当サイトでは金融政策によって、生産量に対して適切にマネタリーベースを拡大していく重要性をお伝えしてきました。

 

それは、マネタリーベースを拡大する事でマネーストックを増やす事が出来るからです。

 

出典:https://elite-lane.com/

 

これは、マネタリーベースとマネーストックの関係をグラフ化したものです。

2012年。赤でマーキングした箇所はアベノミクスによる金融政策が開始された時期です。

ここから急速にマネタリーベースは拡大し、それを追いかけるようにゆるやかにマネーストックが拡大している事がわかります。

 

ただ、マネーストックをさらに効果的に増やすために2つの条件が必要です。

 

日本銀行がマネタリーベース拡大によるインフレ目標達成へのコミットメントを行う事

 

マネタリーベースの拡大と同時に積極的な財政政策を行う事

 

金融政策(マネタリーベースの拡大)と共に、積極的な財政政策を行う事で、マイルドなインフレ状態を形成させ、国内景気に楽観的な空気を作る事で、銀行の民間企業への貸出を増加させます。

 

残念ながら2020年2月が現在、この2つの条件は未だに満たされる事がなく、国内景気が減速しているのが現状です。

 

【大胆な金融政策とは?】わかりやすく解説。

 

民間銀行が企業や個人に対して融資を増やさなければ、日銀によって発行されたお金はなかなか社会に流通しません。

銀行が融資をしやすい環境を作るには、企業が投資を拡大して売り上げを伸ばせる環境、すなわち

未来に楽観的な見通しができる環境

を作る必要があります。

 

これが出来るのが、中央銀行による金融政策と政府による財政政策です。

 

参考記事:財政政策とは?

 

この二つの歯車が回れば、マネーストックの拡大はさらに促進されるのです。

 

そうなれば、消費者物価指数(CPI)は上昇します。

消費者物価指数(CPI)とは?【わかりやすく解説】

 

つまりマネーストックの拡大は、国内景気の拡大を意味しているのです。

 

マネーストックの動きは、実体経済や景況感を観察するにはとても重要な指標となりますので押さえておくと良いでしょう。

 

※マネーストックの動きはこちらのサイトからわかりやすく確認できます。⬇︎

ニッポンの数字

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です